info_page
プロコンプ ショック / PROCOMP SHOCKS TIPS & HINTS

適合表にお探しの車種や対応するリフト量の設定が無い場合、以下の条件を満たせばプロコンプショックの取り付けが可能です。

ただし、ショックを適合表に記されていない車種に使用した場合、適合表で示されている以外の品番を使用した場合、お客様自身で品番を指定した場合、これらは全て保証の対象外となりますので予めご注意下さい。



1. ショックの種類を確認する

ショックを外さなくても結構ですので、車の下に入ってお使いのショックの種類を確認して下さい。大きく分けてスプリングとショックが独立しているタイプと一体になっているタイプがあります。

 

OK: スプリング、ショックとそれぞれが独立して付いています。このタイプに該当する場合は取り付けできる可能性があります。
 
NG: ショックとスプリングが一体になったものは特定の車種専用にデザインされていますのでプロコンプショックでは対応できません。



2. マウント形状を確認する

現在付いているショックを車から取り外し、マウント形状を確認して下さい。車種、メーカーによっては様々な派生型がありますが、基本は以下の4タイプになります。これらの形状であれば取り付けできる可能性があります。




3. 最大長(ショックが伸びきった状態)を測る

現在付いているショックを車から取り外し、マウントの厚みを含まないショックの最大長を測って下さい。このとき、下記の通り正しく測らないと正確な長さが解りませんのでご注意下さい。

ループ(丸型のマウント): 中心から
ステム(棒状のマウント): 根本から

 
○良い例: 正しいポイントから測ることでショックの正確な最大長が解ります。 ×悪い例: 端から端まで測ると実際よりも長くなってしまい正確な最大長が解りません。



4. ブッシュとスリーブのサイズを確認する

現在のショックについているブッシュとスリーブの内径と長さを確認して下さい。



ブッシュ: ゴム製の部品でショックのマウントに付いています。
スリーブ: 鉄製の部品で主にブッシュの内部に挿入されています。

車種やメーカーによってはブッシュのみ付いているもの、ブッシュとスリーブが付いてるものがありますが、内径と長さを合わせることができれば取り付けできます。

長い分はサンダーやカッターなどで削って調整できますので、実際のよりも長いサイズを選んで下さい。逆に長さが足りない場合はワッシャーで補うこともできます。



5. 近いサイズを探す

ショックは必ずしもジャストサイズである必要はありません。±25mm程度であれば多少の誤差は許容範囲ですので、できるだけ近いサイズになるように下記の表から選んで下さい。

寸法表・サイズ: 2〜3で得られたものと近いサイズのショックを探す

部品表・パーツ: 4で得られたものと近いサイズのブッシュ・スリーブを探す

ご不明な場合は、上記2〜4で得られた数値をお知らせ頂ければ、近いサイズのショックと部品をご案内いたします。



6. ”品番指定”にて注文する

”品番指定”とは、いわゆるショックの流用のことです。ご注文の際は”品番指定”と明記の上、可能であれば車種などの補足情報を追記して下さい。




Page Top


main

この改行が大事だったりする→
main_box